耐震リフォームのことならシーエムシー一級建築士事務所までご相談ください

耐震診断

各地で災害があいついでいる昨今、行政だけにたよらず市民一人一人が自分の身、又家族の大切な命を守ることの重要さを感じております。特に地震災害は一瞬にしてすべてのものを奪い去っていきます。大災害となる地震の対策は日本では欠かせません。確かな知識・技術を持った専門家が、耐震診断・耐震改修を行う事により、皆様の大切な命、財産を守ることができます。

防災の第一歩はまずご自宅がどういう状況か、補強する必要があるか?ないのか?を知ることから始まります。ご自分で判断をせず、耐震の専門の知識を持った技術者に診断してもらう事をお勧め致します。

国土交通省の指針を基に地盤・基礎・構造躯体を全体的に考え、低コストで、且つ有効的な工法をもちい、「減災」をコンセプトに最低限必要な補強をする事が必要だと考えています。

  • 耐震診断のチェックポイント
  • 耐震診断の風景
  • 耐震診断の流れ

耐震診断のチェックポイント

耐震診断は外観や図面だけでなく、2階の小屋裏、1階の床下より構造体(基礎・土台・柱・梁・筋かい等)を確認し調査いたします。チェック項目は下記の通りです。

地盤・基礎

地盤・基礎
基礎の種類や亀裂の有無を確認します。
地盤の建物への影響として、沖積層や埋立地のように弱いところでは建物を支えきらずに不同沈下を起こすことがあります。弱い地盤は地震力の増幅を起こし固い地盤より大きくゆれ、液状化と傾斜地における地盤の崩壊が考えられます。 基礎に求められることは、建物の一体性を高めることと、地震時に建物の耐力壁などが十分な機能を発揮できるようにすることです。基礎は、建物で受けた地震の力を健全に地盤に伝える必要があります。

屋根・外壁の種類

屋根・外壁の種類
屋根・外壁が建物にかける負担を調べます。
屋根や外壁が重いと、地震時の建物全体に対する負担もそれだけ大きくなってしまいますので、これを調査することによって「建物が倒壊しないために必要な耐力」を割り出します。たとえば土葺瓦の場合は「非常に重い建物」に分類され必要耐力が多く必要になります。

壁の量

壁の量
壁の仕上げ、土壁の厚み、筋かいの有無などを確認します。
壁の量が足りないと地震の大きな揺れに耐えられず倒壊してしまいます。 また、その壁が長年の建物の変形に抵抗できるよう「筋かい」や構造用の合板で構成されているかなど、壁自体の耐力も調べます。

接合部の状況

接合部の状況
壁が釣り合い良く配置されているかを調べます。
現建築基準(平成12年6月)以前の建物では、基礎、土台、柱を緊結するホールダウン金物の取り付けがほとんどありません。柱頭、柱脚の接合部の金物も無い又は少ない場合は、地震などによる大きな揺れに対して粘りが小さく、柱のホゾが抜ける可能性があります。接合部(柱と梁、土台と柱、梁と筋かいなど)を金物でしっかりと固定しているかを確認します。

壁の配置バランス

壁の配置バランス
接合部を金物で固定しているかを確認します。
耐力壁がバランスよく配置されていない場合は、建物のねじれ振動を起こし、壁の量が十分にあっても、建物に偏った負担がかかるため、壁の少ない面が大きな変形を生じます。

老朽度・腐朽・蟻害

老朽度・腐朽・蟻害
湿気、木材の状態、蟻害の有無を確認します。
外壁の仕上げに大きなひび割れが複数生じている場合や、屋根の棟も線や軒先が波打っている場合は、雨漏れ等により壁内の木材が湿り、腐朽を生じます。また、床下の土台、柱等の木材は湿気の多い状態が続くと、腐朽が起こり、白カビが発生し、白蟻の被害が出ている場合が多く、建物の寿命を縮め、保有する耐力の低下を招きます。

pagetop

耐震診断の風景

野外調査イメージ

01.野外調査
地盤や基礎の状態等を調べます。

次へ

野外調査イメージ

01.野外調査
梁・筋かい・火打ち梁・接合部や継ぎ手等の状態を調べます。

次へ

野外調査イメージ

01.野外調査
1階の筋かいの種類接合方法等を調べます。

次へ

野外調査イメージ

01.野外調査
筋かいや火打ち土台等の確認、土台の状況、湿気、腐朽、蟻害等を調べます。

pagetop

耐震診断の流れ

  • 電話もしくはホームページよりお申し込み
    耐震に関することならどのような事でもご相談ください。
  • 経験豊富な建築士よりお電話にてご連絡します
    自治体の補助金を利用する場合は、無料で代行申請を致します。
  • (財)日本建築防災協会受講終了者が診断致します
    国土交通省の指針に基づき、可能な限り目視で確認をし、お家の状態を細部にわたり調査を致します。
  • 診断書の作成
    調査結果を基に、国土交通省認定のソフトを使って、コンピューターに入力し、診断書を作成いたします。
  • 診断報告
    お家の耐震性について、技術者がわかりやすく丁寧にご報告致します。

pagetop

メールでお問い合わせ

特定非営利活動法人 『人・家・街 安全支援機構』

メディア掲載のご案内

シーエムシー会